Carl Zeiss Optotechnik GmbH - Optische Messtechnik

ニュース

シュタインビヒラーオプトテクニックに関する各種の情報はこちらをご覧ください ‐ 報道,インフォメーションフォーラムなど, ユーザー報告

Children categories

応用

光学式測定技術, 光学式表面検査, タイヤ検査

View items...
ZEISS COMET LƎDによりWood K plus 社はノミナルに対する測定値比較が可能になりました。システム/アプリケーション ZEISS COMET LƎD 分野  研究開発 客先  Kompetenzzentrum Holz 社 (Wood K plus) タスク Kompetenzzentrum Holz 社またはWood K plusは、オーストリアのリンツにあるヨーロッパの木材および関連する再生可能な原材料のリーディング・リサーチ機関です。 Linz、Tulln、Lenzing、St. Veit)の5つの研究分野における約115名の従業員が、再生可能な原材料を革新的な用途向けに仕上げ加工し、ハイテクアプリケーションにどのように使用するかを現在研究しています。高度にランク付けされた出版物上で、コンピテンシーセンターの科学的成果が国際的に認められているという事実が記録されています。 2015年だけでも、Wood Kのチームは、査読された科学ジャーナルや会議論文、さらには貿易ジャーナルや書籍に100以上の記事を掲載しました。 これに加えて、同センターは同年に50以上の進行中の学術研究を数えました。木材 - ポリマー複合材料の分野における科学者の研究の重要な焦点は、再生可能な原材料と熱可塑性プラスチック(WPC:木材ポリマー複合材とNFC:天然繊維複合材)の複合材の開発と3D FLM印刷を使った加工です。 これは、実用性が非常に高いため、業界の多くの企業から非常に注目されています。 Kompetenzzentrum Holz社はは、新たな国際パイロットプロジェクト(Interreg Austria-Bavaria 2014-2020、技術と研究のプラットフォーム「ハイブリッド材料」、AB97)との関連で、3D FLM印刷による付加的な生産でLinzの基盤を拡張することができました。この革新的なプロセスで高品質の加工品を製造するには、CADモデルの公称値から3D印刷部品の偏差を定義する必要があります。 このために、2016年にWood K plusはZEISS COMET LƎDを購入、研究者はこの種の分析を初めて行うことができるようになりました。ソリューションと製品オーストリアの科学者は、Carl Zeiss Optotechnik GmbHの縞パターン投影方式を使ったセンサーの採用を決定しました。その正確な測定結果は、特に、木質ポリマー複合材分野におけるプロジェクトの名目上の実際の偏差について定性的な記述をするために不可欠です 複合材料。ZEISS COMET LƎDは、縞模様パターン投影法と青色LEDを使った測定原理を使った3Dデータの記録用の革新的なセンサーです。同システムは青色LEDライトを使用して各測定対象に縞パターンを投影します。 それぞれの構成要素の幾何学形状に応じて歪んだ縞パターンがカメラによって投影されます。直観的に操作可能なZEISS collin3Dソフトウェアは、その後、三角測量計算を使用して、個々のカメラピクセルとワークピース上の点との間の関係を確立し、点群データを作成します。作成された点群は3Dモデルを生成することができるSTL形式のいわゆるポリゴンデータに変換されます。 このデータは3D CADモデルと実際に比較する為に、ZEISS Optotechnikからの検査ソフトウェアINSPECTplusを使用してインポートされます。結果/お客様にとってのメリットZEISS COMET LƎDは数時間ですぐに使用できるようになりました。取り扱いは「簡単で直感的」なので、訓練を受けたすべての人がZEISSによる説明の後、ZEISS COMET LƎDを使った作業ができるようになりました。また数週間使用した後、Kompetenzzentrum Holzの従業員は 数日間にわたって行われたこの詳細なZEISSワークショップにより、システムの完全な可能性を利用できるようになりました」。オーストリアの研究所であるWood K plusでは、現在、特にZEISSセンサーを使用して、3Dプリンタで作成されたコンポーネントの解析や、CADモデルで定義されているノミナル値に対しての偏差の解析を実施しています。 正確な測定結果のおかげで、Linzの研究者は2〜3日の試験で許容誤差範囲内にあるように印刷プロセスを最適化できるようになりました。また、ZEISS COMET LƎDで様々な射出成形部品をデジタル化することが可能です。 これにより、3D金型と比較して、射出成形金型で使用される材料の収縮挙動に関するプロセス関連の差異を評価し、相関させることが可能になりました。お客様の声- "ZEISS COMET LƎDの価格性能比は説得力があります。高い柔軟性と性能を備えた広範なシステムを公正な価格で購入することができました“- "私たちは正確な3次元測定器を探していました。 ZEISS COMET LƎDは私たちの要求を満たしています。それが私たちがこのシステムを選んだ理由です。"- " ZEISS COMET LƎDを使用して、3D FLM印刷で製造されたコンポーネントが公称ジオメトリ(CAD)内に入っているかどうかを分析することが可能です。 この情報を使用して、規定の公差が守られるように印刷プロセスを調整します。"- "データを使い必要な公差に対してプロセスパラメータを調整することで時間を節約できるため、開発結果の基盤に投資することで迅速に利益を得ることができます。"DI Josef Ecker, scientific employee and lecturer on wood-polymer composite materials, Kompetenzzentrum Holz GmbH
火, 11 7月 2017 10:55

視覚化された測定偏差

射出成形金型メーカーはZEISS COMET LƎDを使用して品質保証と試験の両方を加速します。 システム/アプリケーション  ZEISS COMET LƎD 分野  射出成形/モジュールアセンブリ 客先  EMKA-Plast GmbH社、ドイツ / ヒール タスク ウェストファーレン東部の会社EMKA-Plast GmbH社は20年間、Minden-Lübbecke行政区のヒールでプラスチック製品とモジュールの設計、製造、組み立てを行っています。同社は25名の従業員を擁し、多種多様な業界で国際的に活躍する多くの企業様と取引があります。多くの注文を処理するために、17の射出成形機が24時間体制で使用されています。彼らは圧力で液体プラスチックを射出成形ツールに押し込みます。射出成形ツールは、生産される部品の形状と表面品質をそれぞれ決定します。 今日の射出成形は一般的なプロセスですが、製造プロセスは顧客の厳しい品質仕様を考慮すると、些細なことではありません。 特に、ヒールで通常行われているように、インサート部品がEMKA-Plastが通常生産する射出成形工具に挿入され、プラスチックがスプレーされます。 インサートは、通常、ソケット、コンタクト、プレート、またはコイルです。 マグネットやPCBなどの他の部品のスプレーはヒールでも可能です。 同社は幅広い製品ポートフォリオの品質を保証するために、光学接触式3次元測定機を使用しますが、それは特に200以上の仕様の部品を試験する必要がある場合、時間がかかります。 よってプラスチック部品の製造業者である同社は、ノミナル/アクチャル比較を可能にするデジタル化システムを探しました。システムは、特に最初のサンプリングレポートに適している必要がありました。 また、経営管理にとって非常に重要なのは、取り扱いが簡単で、従業員の訓練に1週間を要しないということでした。ソリューションと製品Carl Zeiss Optotechnik社のフリンジ投影センサーは、経営管理の担当者と品質保証の担当者との両方から高い評価を得ました。品質保証部門ではシステムを毎日使用しています。特に、他の3Dデジタル化手法と比較して非常に正確な結果と、接触式測定機の処理方法と比較し、その優れたスピードによりすぐに納得することができました。 3Dデータ記録用の革新的なZEISS COMETセンサーは、フリンジ投影法と青色LED技術を使用しています。測定対象物に青色LED光を縞模様で投影し、このパターンは、それぞれの構成要素のジオメトリによって歪められ、その画像がカメラによって記録されます。ソフトウェアは、三角測量計算を使用して、個々のカメラピクセルとワークピース上のポイントとの間の関係を確立します。このようにして作成されたポイントクラウドは、3Dモデルを生成することができるStl形式のいわゆる三角ネットワークに変換されます。これは、3D-CADモデルとのノミナル/アクチュアルの比較のために使用されます。結果 / お客様にとってのメリットプラスチックパーツのメーカー向けZEISSのフリンジ投影やシステムの紹介は、5日間で十分に実施することができました。ZEISS Optotechnikの技術者により、ヒールの同社従業員2名に対してトレーニングを実施しました。品質担当者によると、ZEISS COMET LƎDをさまざまな作業に安全に使用できるようになるには、「1週間で十分でした」ということでした。これは、優れたデータ品質のおかげで、射出成形部品の製造業者にとっても適用範囲が広いからです。 EMKA-Plast社では同システムのすべての強みが活用され、特に初期サンプルテストレポートの作成に役立っています。自社でかなりの時間を節約できるだけでなく、同社は別の利点も強調しています。ノミナル/アクチュアルの比較では、すべての仕様が公差内にあるかどうか一目で確認できるようになりました。「これは明らかにノミナル/アクチュアルデータで埋め尽くされた無限のテーブルの列を使って作業するよりも、労力と時間がかかりません」。アドバンテージ / コメント- "具体的な数字はわかりませんが、ZEISS COMETシステムを使用するとEMKA-Plastは最初のサンプルテストレポートの作成において多くの時間を節約することができます。"- "ZEISS COMETシステムの使用によって利益を得ることができます。 これは、色付きのノミナル/アクチュアルの比較により、最初のサンプル・テスト・レポートをより簡単かつ迅速に読み取ることができるようになったため、顧客が必要とする時間も短縮されるからです。"- "ZEISS COMETシステムの取り扱いは非常に簡単です。 数日で十分な操作することができるようになります。"EMKA-Plast GmbH社品質テスト部門  
金, 05 5月 2017 11:06

高精度3次元測定システム

エンジニアリングサービス会社が ZEISS COMET LƎDシステムを採用しました。 システム/アプリケーション  ZEISS COMET LƎD 部署 計測 客先 Andreas Rühmer エンジニアリングサービス会社 タスク バッテンベルクはヘッセンの小さな町で、人口はわずか5,500人です。 また、このエンジニアリング会社の設立者でオーナーでもあるAndreasRühmer氏の故郷です。機械エンジニアとして、彼は毎年、主に自動車産業の顧客からの1,000件以上の注文を7人の従業員とともに処理しています。 この数字は年々増加しています。このサービスプロバイダーが提供するサービスの範囲には、初期サンプルレポートの作成、フィージビリティテストの実行、ターゲットと実際の比較の実行、およびリバースエンジニアリングのためのコンポーネントのデジタル化が含まれます。ますます複雑になる設計と部品上の自由曲面の増加により、3D測定機を使用して接触または非接触式での計測が行われています。部品のデジタル化と、3次元計測機で生成された3Dデータの比較がより主流になってきています。 RühmerEngineering 社は、2011年に複数のデジタイジングシステムのテストを経て現在はCarl Zeiss Optotechnik GmbHとして知られているSteinbichlerによる非接触3D白色光フリンジ投影システムに投資しました。 Rühmer氏とその従業員は、3年間、ZEISS COMET 5システムを使用して、ワークピースを迅速にデジタル化し、CADモデルとの比較を実施してきました。 2014年には、国内外の60以上の顧客向けに、より精度の高いZEISS COMET LƎDに切り替えました。彼の決定に関して、 "私たちは顧客に最新かつ革新的なシステムを市場に提供したかったのです。"とあるエンジニアは述べています。ソリューションと製品特殊な3Dセンサーは、青色のLED光をストライプパターンとして被測定物に投影します。 このパターンは、それぞれのコンポーネントの形状に応じて変形し、そのパターンがカメラによって記録されます。 ソフトウェアは、三角測量計算を使用して、カメラ、プロジェクタ、およびワークピース上の投影点の間の関係を生成します。 このようにして作成されたデータは、STL形式のメッシュデータに変換されます。 3D CADデータとの実際の比較のために使用する3Dモデルが作成されます。結果とお客様にとってのメリット現在、このエンジニアリング会社は、ZEISS COMET LƎDを使用してプロファイル形状の検証とリバースエンジニアリングを行っています。 これは、このサービスプロバイダがZEISS COMET 5を使用して顧客に対して既に実施していたタスクです。しかし、最新の機種では解像度が大幅に向上し、より詳細なターゲットと実際のデータ比較が可能になりました。 このメリットにより、品質重視のお客様と測定技術の専門家の要望両方を満足させることができます。 さらに、AndreasRühmer氏は、ZEISS COMET LƎDが他のシステムと比較して、「デジタル化の分野における明確な前進」を示す2つの理由を以下に挙げています:①測定エリアの簡単な変更 ② LED技術の使用による作業・フォローアップコストの削減が可能。コメント- "当社の品質重視の顧客は、ZEISS COMET LƎDの高解像度と詳細を評価することができる能力について評価しています。- “操作が非常に直感的であり、またすでにZEISS COMETシステムでの測定に経験があった為、トレーニングとインストールの費用を低く抑えることができました”- “ZEISS COMET LƎDにより、私たちはサービスの範囲を拡大し、新規の顧客を獲得することができました。”Andreas Rühmer, Andreas Rühmer Engineering社
様々な開発にCOMETが使用されています。 システム/アプリケーション COMET 5 分野 ヘルス/デンタル お客様 Polytechnic Institute of Leiria, Portugal タスク 若手のポルトガル人ドクターは人工の交換用関節の構築を試みていました、これはいずれ顎関節に不具合のある患者を救うかもしれないもので、Santa Maria病院、Badajoz病院とPolytechnicInstitute of Liriaのドクターと共同で実施しました。調整に不具合があると、食べる、笑う、あくびをするなどの日常の動作に支障がでます。この取り組みのために、このドクターは9匹の羊を買いました。というのも彼らの顎の構造は人間のものと似ているからです。獣医からのアドバイスの下、自然の顎関節の交換についての実績を積みました。この関節はPolytechnic Institute of Leiriaで製作され、実際解剖を行う必要がありました。製品とソリューションPolytechnic Institute of Leiriaはいくつかの研究プロジェクトに参加していますが、これらのプロジェクトで3次元測定の手段に頼る必要がありました。Carl Zeiss Optotechnik 社では3次元測定データを取得し、解析するまでのパーフェクトな技術を提供しています。COMET 5 システムとロータリーテーブルの組み合わせだと短時間に複雑な形状の測定を行うことが可能です。このスキャニングシステムは測定対象物にフリンジパターンを投影し、三角測量の原理を元に3次元データを取得します。結果 / お客様にとってのメリットPolytechnic Institute of LeiriaではCOMET 5システムを使い、顎関節の形状を測定(図1)しました。この3次元データをINSPECTplusとcolin3Dソフトウェアで解析することにより(両方ともにZEISS Optotechnik社開発)、交換用の顎関節をバーチャルに作成することができるようになりました。ハイエンドな3Dプリンタを使い最終的に生体材料を仕様した交換用の関節を作成することができます。交換用の顎関節アドバンテージ • シンプル、フレキシブルで使い易い• 高精度• 求めやすい価格• 直観的なソフトウェア
従業員数1,100人超、ブランドHögl,GanterやHassiaで知られるLorenz Shoe Group AG は、ヨーロッパシューズメーカーのリーディングカンパニーの一つで、 その製造拠点はハンガリーの本社工場にある。新シューズモデル開発の際には、まず原型モデルが作成され、その後連続生産に持ち込むためのベースとして使用 される。 靴底のモデルは従来手作業で研磨加工されていたため、Lorenz社では靴型をデジタイジングし、それを基に3D靴底を開発するために測定システムを探していた。 STEINBICHLER COMET LƎD Sensorの購入にあたっては、様々な理由に基づきLorenzシューズグループの開発者Florian Kaindlsdorferが決断を下した。Steinbichler社の3Dデジタイジング用測定システムは高性能・高精度で、しかもとても使いやす い。COMET LƎDとコンポーネントをポジショニングするためのCOMETrotary tableによって、今ではベースモデルが容易に素早く測定され、基本データはわずかな工程で作成され、記録保存される。
使用製品: STEINBICHLER COMET LƎD, STEINBICHLER INSPECTplus ソフトウェア 分野: 大学 / 教育 お客様: ベルン応用科学大学,工学&情報テクノロジー,人間工学,バイオ医工学研究室 課題内容: ベルン単科大学の技術&情報学部 (以下略称:BFH-TI)ではバイオ医工学研究室において、日常生活の克服をサポートし、生活維持に貢献したり生活の質を向上させるような、特に器具・システムや方式の研究と開発が行われています。 バイオ医工学研究室の目標は、例えば荷重下での人間の骨格および/またはインプラントの動作・反応について、より正確なイメージを把握することです。 STEINBICHLERのソリューション: 有意義な比較を実現するため、高精度測定された骨格モデルがまず非荷重の状態でデジタル化され、次いで適宜の荷重下で新たにデジタル化されます。 新購入されるシステムは、BFH-TIの全研究室(医療技術,ロボット工学,電子工学,自動車技術など)で使用されるた め、様々な応用領域に適用可能でなければなりません。STEINBICHLER COMET LƎDセンサーは、様々な測定範囲に対応する高い柔軟性によって、全ての情況で要求をかなえました。またその高い解像度、精度、容易なハンドリングとポー タブル性も重要な判断基準となりました。 「さらに決断で決定的だったのは、研究設備品として我々が投資するに当たって特に重要なコストパフォーマンスです。」と、BFH-TIの研究員Aymeric Niederhause氏は語ります。 結果 / ユーザーにとってのメリット: 荷重下の骨格やインプラントの動作・反応確認には、各荷重を有限要素法(FEM)でシミュレーションすることができま す。シミュレーションの検証や重要なシミュレーション・パラメータの確認には、FEMによるシミュレーションと同時に、同じ骨格モデルが荷重下で新たにデ ジタル化されます。こうして動作・反応、つまりFEMシミュレーションの変形が、荷重下でデジタル化された骨格モデルと直接比較されます。 STEINBICHLER COMET LƎDは既存のラピッドプロトタイピング用プリンターにも対応するため、デジタル化モデルの複製もこれでさらに容易に作成できます。 「十分に検討しつくされた当センサーのユーザーガイダンスのお蔭で、我々や学生たちはこの完全な技術の複合体を簡単に使 いこなせています。 また、その際に達成されるCOMET LƎDの精度には感心します。」と、バイオイ医工学研究室の主任教授 Dr.Jörn Justiz氏はまとめます。 「更に言及に値するのは、シュタインビヒラー社のBenjamin Eberbach氏とHans Marche氏による好感度の高い専門的なアドバイスです。」と、Niederhauser氏が加えます。
使用製品: STEINBICHLER COMET 5 4M Sensor STEINBICHLER INSPECTplus 解析ソフトウェア 分野: 工具製作/測定 お客様: Erdrich Umformtechnik GmbH,Renchen-Ulm市,Germany シートメタル加工自動車関連部品の供給業者 課題内容: Erdrich社は、ソリューションおよび開発のパートナーとしての50年の社歴の中で、金属成形における国際的なグ ローバル企業に発展しました。工具製造分野において、ここでは成形される動的コンポーネントに関する測定が、特に重要な位置を占めます。さらに各部品の製 造早期段階での欠陥検知は重要な役割を果たします。 STEINBICHLERのソリューション: 工具の製品開発に際しては、何週間にもわたって実に様々な調整が行われます。各鋳型は、毎回試作・検査された後、手作業で修正・加工する必要があります。製品開発の際の効率と質改善のため、Erdrich社は光学式のフォーム測定用システムの購入を計画しました。 結果 / ユーザーにとってのメリット: 要求に適う高水準のシステムを探す中で、Erdrich社は、Villingen-Schwenningen市にある シュタインビヒラー社の代理店BLANK Technology社に光学式測定システムの有力な窓口を見つけました。Blank氏とシュタインビヒラー社のErdrich社Kaspar氏との集中 的なコンサルティング会談では、測定技術上の体験に基づいて比較的早期に、一義的なソリューションと結論が導かれました。STEINBICHLER COMET 5 4Mが高い要望の全てを十分に満たしたのです。 「シュタインビヒラー社から我々に、試用のためのセンサーが提供されたことで、我々の決断は容易になりました。」この経 験は、今日まで全て肯定的な事実として露わになっています。」と、工具製造品質管理部の測定技師Ingo Kaspar氏は報告します。 接触式の座標測定システムで手間のかかる数多くの3D測定を、今ではSTEINBICHLER COMET 5 4Mが一手に引き受けており、全工程における時間の節約は莫大です。 設計値との比較測定は、0.02 mm以内の精度のパーツで利用されています。鋳型は直接スキャンした後、CADを使用して調整され、シミュレーションされます。未知の新たなパーツでも、 高速かつ容易にデジタル化し、同様に再現することができます。 各規模の測定範囲に対応できるモジュール式のセンサーコンセプトにより、様々な大きさのワークがそれぞれ最高の精度でデジタル化されます。 パフォーマンスの良いSTEINBICHLER COMETplusとCOMETinspectソフトウェアのお蔭で、測定プロセスは後続の自動解析も含めてプログラミングできます。 さらに経済効率性も注目に値することを、Kaspar氏は次のように説明します:「この光学センサーの購入費用は1年以 内で回収されました。我々の測定業務をさらに強化するため、グループ企業内で目下 Steinbichlerシステムの追加を思案中です。」Ingo Kaspar氏はここ約2年間のユーザー歴から、Steinbichler製品に確信を持っています。 Steinbichler社開発チームとの共同において、彼は他のユーザーの利用にも提供されるソフトウェアの有益な特長を、いくつか実現しました。
ボッシュ・アンド・シーメンス・ハウスゲレーテ(以下略称:BSH社)は、品質・デザインと性能で定評のある家電製品を全世界に提供しています。製 造プラントのあるトラウンロイトでは、特に電気調理器具(コンロ/レンジ)やオーブン、調理器天板、コンビネーションレンジおよび温水器が生産されていま す。革新はトラウンロイトの伝統です:例えば初のスライド引き出し式調理器具や、自動プログラム式ロースタの付いたレンジはこの地で生まれました。その他 重要な革新としてはビルトイン型電子レンジ付き調理コンロ、完全電子式コンロおよび調理&ローストセンサー付き調理器天板が挙げられます。 その優れた品質は最新の測定システムによって保証されています。自動光学式3Dデジタイジングとその検査システムをもって、トラウンロイトのBSH 社では昨今、品質管理の領域にもさらに発展的な技術革新が加わりました。シュタインビヒラー社のロボット制御型光学式検査セル(小室)合計3機の漸進的な 始動とともに、BSH社はこのCOMET 5センサー最新シリーズに厚い信頼を寄せます。各検査セルには、拡張アーム付ロボットによってポジショニングされる4メガピクセルセンサーが装備されてお り、このシステム構成が、特に高い測定効率を保証しています。 被検査物(取り付け枠、フロントパネル、接着用形鋼など)は、表面にフォトグラメトリ方式でテスト測定済みの各リファレンスポイントを備えた専用 ロータリテーブル上に置かれます。パーツID番号の入力による測定開始の後、測定ソフトウェアCOMETplusリファレンスによるデータ取得と、検査ソ フトウェアCOMETinspectによる自動解析および記録書作成が行われます。 BSH社のプロジェクト責任者は、数々の重要な根拠に基づいて従来の接触式から光学式測定システムへの転換を決断しました:COMET 5のセンサー構成によって検査の高速性が達成される。さらに被検査パーツの完全な3Dデータ取得や、硬化途中にある接着パーツの非接触式測定は決定的なメ リットである。また、個々のポイントと点間距離に加えて、被検査物とリファレンスパーツ(CADモデル)の平面に基づいた比較も実行できる。 3Dの測定データセットがあれば、必要に応じて事後的に寸法の再審査を行うこともできます。特に接着パーツ(例えば、ガラス板上の接着形鋼)が接着 材硬化の進行中に測定されれば、測定結果(品質保証検査報告)表示に至るまでの時間は大幅に短縮されます。場合によっては必要となる現行製造プロセスの変 更も、これによってより早い段階で実行できます。 これら3機のロボット制御型COMET 5検査セルは、第7回シュタインビヒラーInfoフォーラム 3Dデジタイジング 開催中の2008年11月13日に、トラウンロイトのBSH社で公開されます。
2006年の半ば以来、ツビッカウにあるSiebenwurst工具製作所は、成形型やシートメタルパーツのモバイル3Dデジタイジングサービス向けに、T-SCANレーザースキャナを顧客先で首尾よく応用しています。 サーフェスリコンストラクション(表面再現)と組み合わせて、工具のメンテナンスや変更・修理が迅速かつ効率的に行われます。検査ソフトウェア COMETinspectにより、シートメタルパーツの寸法精度やスプリングバック(跳ね返り)挙動が分析され、体系的に記録されます。
1 / 3

販売代理店

Tokyo Boeki Techno-System Ltd. (東京貿易テクノシステム株式会社)

担当: Motonari Kondo (近藤 基成)
住所2-13-8  Hachobori , Chuo-ku , Tokyo , 104-0032 , Japan
(〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-13-8)

Phone: +81 3 3555 7140  (03-3555-7140)
Fax:+81 3 3555 7149  (03-3555-7149)

Email:
URL:http://www.tbts.co.jp

世界各地の営業所

取引企業

自動車産業
Audi AG - BMW AG -Daimler AG - Honda - Hyundai - MAN-Nutzfahrzeuge AG - Porsche - Volkswagen AG - ...

タイヤ産業
Bandag - Bandvulc - Birla - Black Star - Bridgestone - ...

航空宇宙分野
Airbus - Boeing - EADS (MBB) - MTU Aerospace - Rolls-Royce - ...

エレクトロニクス
Robert Bosch GmbH - Hitachi - Panasonic - Samsung - Samsung - ...

その他の産業
Blaser Jagdwaffen - Ferrero - Krones AG - GE Oil & Gas - Gaggenau - ...